home

株式会社アルフレンテ

スタッフブログ

暮らしと照明③

こんにちはアルフレンテの戸田です。やっと梅雨入りした大阪ですが、梅雨入りしたとたんものすごい湿気に参っております。本日の事務所湿度80%で御座いました。。。。(天然パーマの収集が付きません。。)気持ちだけでもカラッと頑張りたいと思います。本日も照明についてお伝えできればと思っております。

●部屋ごとに合った照明プラン!?

どの空間でダレが何をするかによって設置する照明が変わってきます。そこで快適に過ごせる照明プランが必要になります。器具選びだけではなくダウンライトやブラケットなどあらかじめ配線工事が必要な場合もあるので、新しくお住まいをお考えの際は、とても重要な家づくりのポイントになります。

・リビングの照明

くつろいだり、TVを見たり、読書をしたりと家族が、友達が様々な使い方をする空間ですね。その時々に合わしてライティングが出来るように、1つの部屋にいくつかの照明が使えるプランがオススメです。たとえばシーリングライトやシャンデリアを主照明にし、ダウンライトやスタンド、ブラケット等を補助照明で使うと効果的です。普段は部屋の全体を主照明で照らし、くつろぐ時はダウンライトやブラケットで、読書のときはスタンドで手元を照らすなど、その時々にあった雰囲気を作ることが出来ますね!何個も照明を置けない!!配線工事が出来ない!といった場合でも調光が可能なシーリングライトにすると手軽に空間を演出できます!

・ダイニングの照明

ダイニングはテーブルの上にペンダントライトをつけるのが主流になって来ています。料理が美味しく見える電球色を選ぶと良いですね!ペンダントライトの設置位置はテーブル面より60~80cmの高さが一般的です。

・寝室の照明

ベットに横になったときに直接、光源が目に入らないようにしましょう!!調光可能なシーリングライト、また天井灯は無くブラケット・スタンドライトだけにするとゆったりとくつろげる雰囲気が演出できます。リモコン機能が無い場合はドア脇と枕元の両方で入り切りが出来る3回路スイッチにすると便利です!

・玄関の照明

訪れた人と向かえる人との顔がはっきりと見えるように、上がりかまちの真上に照明を設置すると効果的です。

・階段の照明

足元が暗くならないように取り付け位置に気をつけましょう!下がり口などにフットライトがあると安心感がぐっと上がります。

・廊下の照明

天井と足元はバランスよく照らすのが重要です。

・キッチンの照明

隅々まで光が届くLEDや蛍光ランプ+シンクやコンロなど部分へ手元灯!

・浴室の照明

必ず防湿タイプの照明器具にしましょう。光の色は電球色なら暖かさ、昼白色なら清潔感がUPします。

・トイレの照明

点減回数の多いトイレのの照明は点減を繰り返してもランプの寿命に影響がでないLEDの機種が最適です!!

 

照明と一言で言っても様々な効果がありますね。快適な暮らしには欠かせない明かり。ぜひ家づくりの際には皆様の生活スタイルに合わせた素敵な照明プランを検討してみてください!!

一覧ページに戻る

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談

資料請求

施工事例

イベント情報

スタッフブログ

お家コラム

お客様の声

top