home

株式会社アルフレンテ

お家コラム

家づくりのスケジュール

家づくりには時間がかかるものだと思っていても、具体的にどれくらいのスケジュールになるのか分からないいう方が多いのではないでしょうか?

特に注文住宅の場合は建売住宅より長い期間が必用になる場合があります。

また、建築家に依頼する場合とハウスメーカーや工務店に依頼する場合とでもスケジュールが異なります。

今回は、家づくりのスケジュールで注文住宅を建築家や工務店・ハウスメーカーに依頼する場合の期間とその内容についてご紹介いたします。

いつから準備する?家づくりのスケジュール

家づくりのスケジュールは、家の建築の依頼先によって異なります。

これは、注文住宅なのか建売住宅なのかによって大きく異なり、建売住宅の場合は既に完成している住宅。あるいはこれから決められたプランで建築していくため、注文住宅より短いスケジュールとなります。

住宅購入の流れ

家づくりは、まず自分たちがどのような土地でどのような家を建てたいのか構想を練って情報を集めることからスタートするとなると、建売住宅で早くて半年はかかります。

計画の開始から入居までの期間が、工業的に量産される建築材で家を建てるハウスメーカーや工務店で約6~8ヶ月間。建材や施工方法などをこだわる設計士の場合は約13ヶ月間の期間が必要になります。

 

建築家

建築家によってはじめに設計管理契約をする方や、ヒアリング後にファーストプランを示してから設計管理契約をする方に分かれますが、ここで約3ヶ月程度に期間が必用になります。

設計管理契約が終われば、次の実施設計に約2.5ヶ月かかります。実施設計では、先ほどの基本設計を基に見積もり用及び工事用の図面を制作し、細かい造作や素材・設備・色などの打ち合わせを行います。

実施設計を終えたら、見積もり調整や請負契約に約2か月の期間が必用になります。複数の工務店に見積もりを依頼して、施主が希望する予算内に収まるように調整していきます。予算調整が終わると、建築家のアドバイスから施工する工務店を決めて、請負契約を結びます。

ここまで約7か月程度の期間がかかって、ようやく6か月間の工事期間を迎えます。工法や建物の大きさによって多少スケジュールは変動しますが、一般的な木造住宅で約6か月程度の工期となります。

 

ハウスメーカー・工務店

ハウスメーカーや工務店で家づくりをする場合、全体的な流れは同じです。まず2か月間の期間をかけて、施主の要望を伝えてプランの提案を行い、施主の希望する内容に近づけるための打ち合わせを数回行います。

施主の希望に近づくことができたら、次に見積もりです。見積もりそのものは約1週間でできますが、施主の予算内に収まるように価格調整を行うのに約1か月の期間が必用です。

見積もりが完成したら、約3ヶ月の期間をかけて外装や内装の素材や、キッチンや浴室などの色を決める打ち合わせを複数回行います。

プランの作成・見積もり・打ち合わせを行った後、約4.5ヶ月の期間をかけて建築に取り掛かります。

まとめ

注文住宅の場合、既に完成している建売物件の購入より入居までの期間がかかります。

注文住宅の場合は建築家に依頼するか、ハウスメーカーや工務店に依頼するかで家づくりのスケジュールが異なり、必要となる打ち合わせ回数も違ってきます。

おまけ

家づくりのスケジュールはどこに頼むか?どのような家にするかでも変わってきます。またいつまでに住みたいかなど具体的な時期(子供が小学校に上がりまでに・マンションの更新を迎えるまでに!など)から逆算していくといつまでに何をしなくてなならないかなど見えてきます。

アルフレンテでは毎月「はじめての家づくり勉強会」を開催しております。具体的なスケジュールの計画もご提案させていただきますが、まずは「どんな家に住みたいのか」「自分に合う家づくりとは?」などあなたにピッタリな家づくりを見つけませんか?

あ悩む前にまずは勉強してみましょう!わからないことが減ると、不安も減っていきます!!

詳しくはこちらから

一覧ページに戻る

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談

資料請求

施工事例

イベント情報

スタッフブログ

お家コラム

お客様の声

top