home

株式会社アルフレンテ

50代のお客様

50代は住宅ローンを組む最後のチャンス

50代を過ぎてからの購入はリスクが高くなります

50代を過ぎてからの購入はリスクが高くなります

50代は、住宅ローンを組んで住宅を購入する「最後のチャンス」といえます。

50代を過ぎ、60代に入ってから住宅を購入すると、老後の生活のリスクが高くなります。

また、あまり年齢が過ぎると、住宅ローンも組みにくくなります。
もし50代の方で、住宅のご購入をご検討中でしたら、是非、アルフレンテまでご相談ください。

老後の生活資金を確保しつつ、理想の住まいを手に入れるためにはどうすればいいのか、資金計画も含めてアドバイスさせていただきます。

収入があるうちに「終の棲家」を購入したいという方も

サラリーマンの方の場合、50代に入ると、そろそろ定年退職が頭をよぎるようになります。

そのため、収入があるうちに「終の棲家」を購入したいという方もおられます。
50代のうち、特に後半は、子育ても終わり、ライフスタイルがほぼ固まる時期です。

これまでと違い、お子様の成長などに合わせて、暮らし方を変化させる必要はなくなります。
そのため、ご自身の嗜好や、理想に合わせて、「一生住み続ける家」を作ることができます。

まずはアルフレンテにご相談ください

「将来、子供との同居を考えている」という方へ

「将来、子供との同居を考えている」という方へ

50代に入ると、ご自身の老後のことを考えるようになります。

その時、「将来、子供との同居を考えている」という方もおられることでしょう。
そうした場合の、二世帯住宅に関するご相談にも、アルフレンテはしっかりとお応えします。

「まだまだ先の話」と思わずに、是非一度、当社へご相談ください。

バリアフリーをご検討中の方へ

50代の方の中には、将来に備えて、収入がある今のうちに、家をバリアフリーにしたいとお考えになる方も。

老後に向けて、住みやすい家を作りたいということでしたら、アルフレンテへご相談ください。

今だけでなく、お客様の将来も見据えて、「一生住み続けられる家」を一緒に作り上げていきます。

こんなお悩みはありませんか?

  • 住宅ローンを組む最後のチャンスなので、50代のうちに住宅を購入したい
  • 老後の生活のことを考えて、今のうちに家を買っておきたい
  • 収入がある今のうちに、一生住み続けられる家を作りたい
  • 将来、子供と暮らしたいので、二世帯住宅を建てたい
  • 老後のことを考えて、家をバリアフリーにしたい

など

施工事例

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談

資料請求

施工事例

イベント情報

スタッフブログ

お家コラム

お客様の声

top