home

株式会社アルフレンテ

60代のお客様

第二の人生を楽しむために

「終活」の一環としての住まい作り

「終活」の一環としての住まい作り

30~40代の場合、住宅を購入する時には、やはりお子様のことや、お仕事のことを中心に考えた住まい作りとなります。

一方、60代の場合には、第二の人生を楽しむための住まい作りができるようになります。

「終活」の一環として、これまではできなかった、ご自身の想い通りの住まい作りに取り組まれる方もいらっしゃいます。

ライフスタイルに合った暮らしの実現

60代に入り、子供も独立した後は、子供部屋などのお子様のためのスペースが必要なくなるため、ご夫婦お二人での暮らしを楽しむような、住まい作りができるようになります。

リビングを広くしたり、趣味の部屋を設けたりするなど、様々な可能性があります。

反対に、ご夫婦お二人だけで暮らすので、スペースを抑えたコンパクトな暮らしも、実現させることができるようになります。

まずはアルフレンテにご相談ください

資金計画が心配な方へ

資金計画が心配な方へ

60代になると、住宅ローンを組むのは難しくなります。

そのため、一般的に、これまでの貯蓄や退職金など、自己資金を充てる、今まで住み続けた住宅の売却金を充てることになります。

この時、資金計画が不安になる方もおられるかと思いますので、アルフレンテが、老後の生活のことも含めて、しっかりとサポートさせていただきます。

相続税対策として住宅の購入をご検討中の方へ

2015年1月1日に相続税が改正され、これまで相続税の基礎控除は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数」でしたが、改正後、「3,000万円+600万円×法定相続人の人数」となりました。

その結果、相続税の納税対象となる方が増加することになりました。

住宅購入は、相続税対策としても有効です。

後に残すお子様や、配偶者の負担を軽減することが可能です。

「できる限り、相続税を節税したい」という想いを、住宅購入という方法で叶えられる場合があります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 第二の人生を楽しむために、住まい作りに取り組みたい
  • 60代のライフスタイルに合った暮らしを実現させたい
  • 子供のためのスペースが広くなったので、住まいを見直したい
  • 資金計画が不安
  • 後に残す子供や配偶者のために、できる限り相続税を節税したい

など

施工事例

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

無料相談

資料請求

施工事例

イベント情報

スタッフブログ

お家コラム

お客様の声

top